ニキビ治療で処方される「ロキシスロマイシン」の効能・効果

ニキビは比較的軽症で早く治る人も多くなっていますが、
いつまでも治らず再発を繰り返していることで悩む人も少なくありません。

そして、炎症がひどくなるとニキビが治ってからもニキビ跡がいつまでも
残ってしまう可能性があります。

ニキビケアの基本は、洗顔やスキンケアを丁寧に行うこと、さらに
生活習慣や食事を見直すことなどがあげられます。

努力で良い結果が得られない場合は医療機関によるニキビ治療も
検討してみましょう。

ニキビも人それぞれ症状が違いますが、医療機関ではそれぞれの症状の
違いをしっかりと確認し、肌質や体質に合わせて最適な治療が選ばれます。

正しいケア方法を知ることができるのも医療機関を選ぶメリットです。

病院で治す

医療機関によるニキビ治療は、レーザーやピーリングで行われることも
ありますが、初期の場合や軽度であれば薬による治療が行われることが
多くなっています。

ニキビ治療薬にもいろいろな種類があり、肌に直接塗るタイプもあれば
服用して回復を目指すものもあります。

さらに、点滴による治療が選ばれることもあります。

ニキビ治療薬のひとつにはロキシスロマイシンがあげられます。
ロキシスロマイシンは内服薬でマクロライド系の抗生物質になっています。

ニキビの原因菌としてはアクネ菌が良く知られていますが、悪化させない
ためにはこのアクネ菌の繁殖を防ぐことが大切です。

点滴療法

ロキシスロマイシンは、細菌のたんぱく質合成を阻害し、その繁殖を
抑える効果が期待されています。

ニキビのような皮膚症状だけではなく、耳鼻科感染症や呼吸器感染症
など様々な感染症の治療に使われている薬です。

正しい服用をすることが大事ですので、服用方法はしっかりと確認
しておきましょう。

人によっては副作用を感じることもありますので、変わった症状が
出た場合は早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

このほかにもニキビ治療に役立つ抗生物質はいろいろな種類がありますので、
症状や体質に合わせて最適なものを選んでいきましょう。

ニキビ治療では、高濃度ビタミンCやプラセンタなどの美容成分を
点滴として体内に取り入れていく方法も注目されています。

ビタミンCは抗酸化作用に優れており、さらに美白効果も期待できますので、
美肌作りに役立ちます。

さらに、皮脂分泌が気になる場合はビタミンB2やB6が選ばれることもあります。

こうした治療は根本的な治療というよりはニキビ治療の補助として
選ばれることも多くなっています。

皮膚科の薬でニキビ治療を始める

皮膚科でニキビ治療を受けたいと考えている人も多いでしょう。
皮膚科ではニキビに効果的とされる薬を処方してもらうことができます。

一口にニキビといってもさまざまな種類がありますし、色によって
状態が悪化していきます。

ニキビ自体は毛穴が詰まって菌が繁殖してできるものですが、
放置しておくとどんどん悪化してしまうので注意しましょう。

専門家

皮膚科ではニキビの種類や肌質に合わせたニキビ治療が行われることになります。

抗菌作用の薬にはニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する作用があります。
抗生物質が含まれているものが多く、炎症を起こしてアクネ菌が
繁殖している赤ニキビには高い効果を発揮してくれます。

しかし、初期の段階でアクネ菌の少ない白ニキビや黒ニキビには
あまり効果がありません。

抗生物質の入ったものは赤ニキビができた時に使うようにしましょう。

抗生物質を長期間塗った場合、耐性菌ができやすくなってしまいます。
耐性菌ができると次にニキビができた時に抗生物質が効かなくなって
しまいますし、抗生物質の使用は最小限に留めることがポイントです。

抗炎症作用の薬には炎症を抑えてくれる効果があります。

炎症

ニキビの炎症が悪化すると痛みが強くなってしまうこともありますが、
その痛みを軽減する効果がありますし、腫れを落ち着かせる効果も
期待できます。

ちなみに、抗炎症成分はニキビケア化粧品にも含まれていることがあります。

ニキビケア化粧品はニキビの炎症が酷い人でも安心して使うことが
できるでしょう。

皮脂抑制作用の薬には過剰な皮脂を抑えてくれる効果があります。

それによって毛穴の詰まりを改善してくれますし、ニキビを根本から
治すことができるでしょう。

皮膚科を受診することにより、ニキビの状態に応じた適切な治療を
受けることができます。

また、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされるニキビにも
対応してもらえるでしょう。

まずはカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

皮膚科で行なうニキビ治療にかかる料金システム

お肌のトラブル、悩みとして特に若い方の間で
ニキビで困っていると挙げている方は多いです。

思春期ニキビの場合は赤くなってしまうことも多いですし、
過剰な皮脂の分泌と汚れが混ざって化膿してしまうこともあります。

それをいじって潰してしまったりすれば、跡に残ってしまうことも
ありますので要注意です。

もしニキビが出来てしまったら皮膚科を受診して
ニキビ治療を始める事が大事です。

美容皮膚科ではなく、一般的な皮膚科で治療を受けることが
できますし、保険も適用となるため料金的にもそこまでかかりません。保険が使える

ニキビ治療の方法は抗生物質の服用と、塗り薬を塗っていく
というのがメジャーとなります。

また白ニキビや膿んでいる場合には細い針をさして専用の器具で
膿みを出すという方法もあります。

この方法は少し痛みも伴いますが、早く治るということも
ありますので、自分で潰すときのような跡に残ったりする
リスクも少ないのでお勧めです。

ニキビ治療においては保険が適用になりますので、
料金も大体どこの皮膚科で治療を受けても同じぐらいです。

跡に残ってしまった場合でも、レーザー治療によって
ニキビ跡を消していく事は出来ますが、できるだけ予防すること、
そしてできてしまった場合にはすぐに治療を受けるということが理想です。

ニキビ跡になる

早めに受診することで、それだけ早期に治すことも可能です。
また予防する方法の一つとしてケミカルピーリングをしたり、
老廃物や角質が溜まりづらいお肌にしていくということも有効です。

この方法は保険が適用とならいケースも多いので
各クリニックによって設定されている料金にもばらつきが出ます。

ニキビ治療で使われていることも多いレチノイン酸には
コラーゲンの生成を助ける効果も期待できますので、
ニキビのケアをしつつ美肌にしていくというメリットもあります。

使用にあたっては、医師の注意を元に使っていくようにしましょう。ターンオーバーに働きかけていく事もできます。

あごに出来たニキビの治療に有効な方法

ニキビは様々な場所にできますが、あごにもできてしまう事が
あります。

頬に比べると髪の毛の刺激を受けにくいのですが、気になるから
と言ってどうしても触ってしまって悪化させてしまう人も決して
珍しくありません。

従って、出来るだけ早い段階でニキビ治療を行うと言うのが基本です。

あごにニキビ

もう一つ重要な事は清潔を心掛けると言う事です。

沢山の泡で丁寧に汚れを落とす事、さらにその時は余計な刺激を
与えないようにする事が基本となります。

汚れを落とす

また洗顔後は保湿を心掛け、保湿効果が高い化粧水を使います。

刺激がある食べ物などはあごを始めてとしてニキビ治療を行って
いる場合は良くないので、食事内容を見なす事も重要です。

出来るだけビタミン、ミネラルを摂取できる食生活にする事、
さらに睡眠時間を確保して肌の状態を出来るだけ良くする事なども
ニキビ治療を行う上ではとても有効な方法です。

また一つの方法に固執するのではなく、複数の方法を併用すると
より効果を感じられる場合もあります。

ニキビ跡をレーザー治療でかさぶたにする

治療
ニキビ跡を改善させるためには、美容皮膚科などで
受けることができるレーザー治療が有効であると
されています。

治療の種類としては様々なものがありますが、
最も一般的なものとしてフレクセルレーザーによる
治療が普及しています。

フレクセルレーザーは肌の表面に小さな穴をたくさん
開けることで、皮膚細胞の入れ替えを促進させる方法
になります。

表面に熱エネルギーを照射することで、肌組織の細胞分裂が
促進されてコラーゲンが生成されます。

エネルギーによってダメージを受けた肌組織は、1週間ほどの
期間をかけて、かさぶたになってから剥がれ落ちていき
新しい肌へと生まれ変わります。

美容皮膚科

1回の治療によって、全体のうちの約10%の皮膚細胞を
生まれ変わらせることが可能で、1か月に1度の治療を
4か月から5か月ほど続けることによって、ニキビ跡を
大幅に改善させる効果が得られます。

手術によって皮膚を切ることなく行えますし、麻酔の技術も
進歩していることから、安心して受けられる
施術として知られています。

ニキビ跡治療は何科に通えば大丈夫?

ニキビ跡治療をしたいと考えた時、何科に通えば良いか
悩む人は少なくありません。

現在、出来ているニキビの治療をしたいと考えた場合、
有効なのは皮膚科で治療を受ける事です。

皮膚科であれば、健康保険が適用される治療を受ける事が
出来ます。

医者

ただ、ニキビ跡というのは、健康や皮膚の状態に影響を
与えるものではなく、このニキビ跡を治す為のニキビ跡治療は
美容目的の治療となり、美容皮膚科での治療が有効となります。

美容皮膚科で行う治療は、見た目に関する悩みを改善する
美容目的の治療となる為、健康保険が適用されず、全額自己負担で
の治療となります。

自己負担

その為、とても高いというイメージを持つ人も少なくありませんが、
治療費はクリニックによって様々です。

ですから、治療を受けたいと考えたら、いくつかのクリニックの
治療費を確認し、大体の相場を知った上でクリニック選びを
していく事がお勧めです。

更に、治療に必要な回数も確認しておくと総額を把握しやすくなります。